大学院入試

平成30年度入学者のための大学院募集要項
筑波大学人間総合科学研究科・鹿屋体育大学体育学研究科

教員分野一覧出願書類願書等記入例

3年制博士課程 大学体育スポーツ高度化共同専攻

共同専攻の目的

本共同専攻は、「大学体育スポーツ現場の教育指導と研究の循環を効果的に行える、学術的職業人としての体育教員を養成することを目的」としています。

共同専攻の主な特徴
  1. 筑波大学及び鹿屋体育大学の連名による学位が授与されます。
  2. 筑波大学及び鹿屋体育大学の両大学に在籍することになりますが、主として研究指導を担当する専任教員が在籍する大学に本籍を置くことになります。(1.募集人員 注2参照)
  3. 両大学に在籍することになるため、両大学の施設を利用することが可能です。
    (一部、各大学の事情により利用できない施設等がある場合があります。)
  4. 筑波大学(鹿屋体育大学)に本籍を置いた場合、鹿屋体育大学(筑波大学)教員【副指導教員】からも研究指導が受けられる体制となります。
  5. 両大学で開講する共同専攻の講義を受講することができます。
1. 募集人員

5名

筑波大学 鹿屋体育大学
3名 2名
(注1)
入学の時期は、4月入学となります。
(注2)
指導を希望する専任教員の所属大学へ出願することになります。この場合、入学後に本籍を置く大学は出願した大学となり、授業料の納付、奨学金の申請等に関して出願した大学の学生として取扱います。
(注3)
大学体育スポーツ高度化共同専攻においては、筑波大学と鹿屋体育大学を併願することはできません。
2. 出願資格

次のいずれかに該当する者

  • 修士の学位を有する者及び平成30年(2018年)3月までに有する見込みの者
  • 専門職学位を有する者及び平成30年(2018年)3月までに有する見込みの者
  • 外国において修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者及び平成30年(2018年)3月までに授与される見込みの者
  • 文部科学大臣の指定した者
  • 本共同専攻において行う出願資格審査により修士の学位又は専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認められた者で、24歳に達した者及び平成30年(2018年)3月までに24歳に達する者
  • その他

(詳細はこちら:上記以外の出願資格及び出願資格審査の有無はここで確認してください)

ページの上に戻る