研究指導体制

研究指導体制

本専攻では複数教員による論文指導、研究指導を行います。
主指導教員は1名、副指導教員は2または3名で構成され、副指導教員には必ず両大学の教員が入ります。
また、教員のうちの1名は実指導教員となり、博士号取得に向けた研究活動が円滑に進むよう、他の教員との連絡調整を行います。
なお、出願にあたって志願者は希望する指導教員と事前に連絡を取り、研究計画について十分協議を行ってください。

研究分野 筑波大学 鹿屋体育大学

体育

○白木 仁
○高木英樹
○中川 昭
○鍋倉賢治
○坂本昭裕
 木内敦詞
 長谷川悦示

○髙橋仁大
○前田 明
○山本正嘉
 金高宏文

スポーツ
健康

                      ◯:研究指導教員    無:授業担当教員

 

担当教員

筑波大学

氏 名 研究キーワード
中川 昭 ラグビーコーチング、記述的ゲームパフォーマンス分析、戦略・戦術、球技における状況判断
白木 仁 スポーツ、アスレティックトレーナー、アスレティックトレーニング、アスレティックリハビリテーション、テーピング、マッサージ、PNF、コンディショニング、股関節、ゴルフ他
高木英樹 バイオメカニクス、生物流体力学、水泳
鍋倉賢治 健康、体力、心拍数、正弦波負荷運動、マラソン
坂本昭裕 野外教育、臨床心理学、スポーツ心理学、体験教育
木内敦詞 高等教育、大学体育、大学スポーツ、スポーツ教育、健康教育、教育心理
長谷川悦示 組織的観察法の開発と応用、体育教師教育、体育授業論、体育授業における動機づけ、オリンピック・ムーブメント

鹿屋体育大学

氏 名 研究キーワード
山本正嘉 トレーニング、高所トレーニング、低酸素トレーニング、高酸素トレーニング、登山、疲労、持久力
前田 明 バイオメカニクス、投球、スポーツ動作、打撃、スポーツビジョン、着地衝撃、動体視力、高齢者トレーニング、体力づくり
金高宏文 コツ・カン、短距離走、フォーム、測定機器の開発、動作の改善、発育・発達、技能の習得、子どものトレーニング、トレーニング、指導者養成のカリキュラム
髙橋仁大 テニス、ゲーム分析、システム開発、ゲーム評価、コーチング、競技力向上

 

ページの上に戻る